2016年02月22日

殺人ダコ、日本海北上中!?

昨年秋頃から、若狭湾沿岸で「ヒョウモンダコ」が相次いで捕獲されています。

この「ヒョウモンダコ」、大きさは約10cmほどのヒョウ柄(足の部分は縞々にも見えます)で、見た目は小さく可愛いタコです。しかし攻撃を受けると、体全体が黄色になり、ヒョウ柄部分が、光った青色になって浮かび上がったようになります。

唾液にはフグと同じ神経毒のテトロドトキシンが含まれています。このテトロドトキシン、一般にはフグ毒として知られていますが、300℃以上に加熱しても分解されず、人が口などから摂取した場合の致死量は、青酸カリの850倍程度の毒性を持つと言われています。

元々は、西太平洋の熱帯・亜熱帯に分布し、和歌山など温暖な太平洋側では確認されてきていた様です。温暖化などの影響で、生息域が北に向かって広がっている可能性が考えられています。日本近海では暖流に乗って北上しているとみられ、太平洋側では関東近海でも頻繁に捕獲されるようになっています。近年は日本海でも、平成24年に島根県島根町多古地先で、また平成26年には隠岐諸島(島根県)でも確認されています。その他鳥取県沿岸でも確認され、若狭湾でも2009年以降、数年に1度の頻度で見つかっていたそうですが、京都府海洋センターによると、昨秋以降には、府内の沿岸で7件の報告があり、岩場をはっていたのを目撃した情報もあったそうで、温暖化で越冬できる環境が、若狭湾の入り江にできている可能性も考えられています。

人がかまれると呼吸困難や麻痺などに陥り、オーストラリアなどでは死亡例も報告され「殺人ダコ」と呼ばれています。見た目は小さく可愛いですが、素手で触ると命を落とす危険もあり、京都府海洋センターは生息実態などの調査に乗り出す模様です。

若狭湾では、まだ人の被害はありませんが、その一帯は夏には海水浴客でもにぎわう場所です。同センター海洋調査部の主任研究員は「小さくて可愛いからといって絶対に触らないで」と話しているそうです。

TVで時々ある、海の生物の特集など、見ていると楽しいし、海は良いな~って思うのですが、こういう話をきくと、やっぱりちょっと怖いです。随分前、鳥取県の皆生温泉に行った時、近くの海でクラゲにさされ、脚が蚯蚓腫れになったことがあったのですが、ヒョウモンダコでなくて良かった。と心底感じてます。


アプラスG・O・Gカード会員になると各種サービスが会員割引でお得
【1.3円/時間】GMOインターネットのSSDクラウドVPS「ConoHa」
posted by ジャスミン at 18:26| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。