2016年04月27日

九州新幹線、全面再開!! 他

2週間程前の熊本地震より、一部区間が運休していた九州新幹線ですが、本日27日午後、博多―鹿児島中央間の全線で、直通運転が再開されました!

また、鉄道だけではなく、九州自動車道も月内に通行止めが全て解除される予定であり、主要交通網は大型連休前にほぼ復旧のめどが付きました。

これにより、ボランティアが現地に入り易くなったり、何より重要な、産業活動の再開に向けた動きを後押しする基盤が整います


九州新幹線は、14日の震度7の地震により、JR熊本駅近くで回送列車が脱線した事をはじめ、高架橋や防音壁などで損傷の発見で、全線運休となっていました。
余震の続く中、復旧作業を行い、20日に新水俣―鹿児島中央間、23日に博多―熊本間で本数を減らして運転を再開していました。残る熊本―新水俣間の脱線車両の撤去に時間を要しましたが、13日ぶりの復旧が叶いました。


27日午前、運休していた熊本―新水俣間で試験走行が実施され、安全の最終確認をした後、同日の全線直通列車として、博多発が午後2時36分、鹿児島中央発が同40分に出発しました。27日は全て各駅停車でしたが、明日28日からは、山陽新幹線との直通列車も再開され、通常の9割程度の本数を運行する予定です。但し、一部区間に関しては、徐行運転が続けられるとのことです。

在来線について、は、熊本と大分を結ぶ豊肥線が肥後大津―豊後竹田間で運休していますが、28日に豊後荻―豊後竹田間が再開する見込みです。
しかし、阿蘇地方の南阿蘇鉄道については、線路が土砂で埋まるなど被害が大きく、まだ全線で運休が続いています。


高速道路については、九州道の植木インターチェンジ(IC)―八代IC間が通行止めだったものが、26日に既に嘉島ジャンクション(JCT)―八代IC間が解除され、九州中央自動車道の嘉島JCT―小池高山IC間も通れるようになっています。

九州道の通行止め区間のうち植木IC―益城熊本空港IC間については、物資輸送の車や高速バスなどに限って通行可能となっており、月内には全線で開通する見込みです。
未だ不通の大分自動車道の湯布院IC―日出JCT間でも復旧を急いでいる。


飛行機については、熊本空港が19日から運航を再開しており、航空各社は通常の約7割の1日50便程度で運航を続けています。


まだまだ地震の爪痕が残る中ですが、着実に復興への準備が整いつつあるようです。
タグ:地震
アプラスG・O・Gカード会員になると各種サービスが会員割引でお得
【1.3円/時間】GMOインターネットのSSDクラウドVPS「ConoHa」
posted by ジャスミン at 20:56| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

前田健さん、治療のかいなく・・・

昨日、東京都新宿区新宿の路上で倒れ、心肺停止状態で病院に搬送されていた、ものまねタレントの前田健さんですが、本日26日午前1時36分に亡くなったと、所属事務所が明らかにしました。44歳でした

前田さんは、24日午後7時過ぎ、東京都新宿区新宿3丁目付近の路上で、意識を失って倒れているところを発見されました。
その日前田さんは、ツイッターを2度更新しており、午後6時過ぎに「人はさ、近くの小さな夢と、遠くの大きな夢があったほうがいいね」とつぶやいた後、そこから30メートルほど離れた場所にある、前田さん行きつけの、パスタ店で食事をしたことをつづっていました。

通りかかった医大生2人が心臓マッサージを施し、更に近くのパチンコ店の店員が店からAEDを持って駆けつけ処置をしましたが、その時は反応は見られなかったということです。

その後、付近の店の店員が119番通報し、救急車が到着するまではかすかに脈があり、倒れていた顔のそばに嘔吐(おうと)物とみられるものがあったそうです。

25日午後、所属事務所が、報道各社に、前田さんが救急搬送されたことをファックスで発表し、その後の取材に対して、集中治療室で治療を受けて蘇生し、心臓も動き出したと、明らかにしていました。また、それに呼応する様に、芸人仲間などが続々とエールを贈っていました。


しかし、本日未明のこの訃報。
事務所は、死因について、現時点ではわかっておらず、持病などもなかったということですが、前田さんは、自身のフェイスブックで、不整脈であることを打ち明けていました。葬儀などについては未定です。
葬儀などについては未定。

あややのものまねでブレイクした前田健さん。44歳という若さで、最近は役者としても頑張っておられ、今からというところでした。ご冥福をお祈りいたします。
タグ:訃報
アプラスG・O・Gカード会員になると各種サービスが会員割引でお得
【1.3円/時間】GMOインターネットのSSDクラウドVPS「ConoHa」
posted by ジャスミン at 12:56| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

名誉ネコ駅長「ばす」天国へ 会津鉄道

福島県会津若松市の会津鉄道芦ノ牧温泉駅の名誉駅長として人気だった雌猫「ばす」が、亡くなっていることがわかりました

0425_1.jpg
(※http://photo.kahoku.co.jp/graph/2016/04/25/01_20160425_63005/002.htmlより引用
向かって左が「らぶ」、右が「ばす」

会津鉄道芦ノ牧温泉駅の名物駅長として、皆さんに親しまれてきた、本当可愛い猫ちゃんだったのですが、ブログ「ネコ駅長「ばす」の日記」を確認してみると、4月23日付の、【訃報】として、平成28年4月22日22時47分、永眠(老衰)いたしました。と、載っていました。

推定年齢18歳で、人間の年齢に換算すると100歳を超えているそうで、老衰とみられています。

会津鉄道によると、最終列車を病床から見送った後、駅員や2代目名誉駅長の雄猫「らぶ」に見守られ、眠るように息を引き取ったそうですが、亡くなる3日前には、駅に咲く、満開の桜の下を元気に散歩していたということです。

この「ばす」は、迷い猫として、1999年から駅にすみ着くようになって、2008年に名誉駅長に就任しました。これを機に、全国から「ばす」を一目見ようとファンが訪れ、関連グッズの販売なども含め、駅の利用客増加に貢献してきました。昨年12月には、2代目「らぶ」に名誉駅長を引き継ぎ、「芦ノ牧温泉初代ご長寿あっぱれ名誉駅長」になっていました。

同ブログによると、来る平成28年5月1日(日)午前10時に、会津鉄道芦ノ牧温泉駅に於いて、社葬が行われるとの事です。

私達を楽しませてくれた、可愛いばすのご冥福を心からお祈り致します。
タグ:動物
アプラスG・O・Gカード会員になると各種サービスが会員割引でお得
【1.3円/時間】GMOインターネットのSSDクラウドVPS「ConoHa」
posted by ジャスミン at 22:33| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。